約見開き(2ページ)ごとの一言的感想です。ジャンプが手元にページをめくりながら、追って読んでみてください(できたら)。
前回のふりかえりだけど…改めて、迷惑な種族ですね。地球に入る前に阻止できなかったのか??


新八さんの嫁姑、実家の話がリアリティな感じだ…。玉の輿と地球は、ちょっと上手い表現だなぁ…。本当に恐ろしいのは??


サブタイトルが面白い。扉絵は、先週と対になっている感じかな??なんだか、インデペンデンス・デーを思い出す展開だな…。


100人エージェント・スミスを思い出させる展開。。。地球の歴史を全部…。すごい上から目線だな…。恐ろしい種族だ…。


神父も大きいのか…。教会を作り上げるのは、なんだか面白い気がする…。でもこれ、遠目には、フィギュアにキスする人だなぁ。。。


神父がwww。まさか、サブタイトルを新八さんが担うとは…。今回のテーマに関わる良いシーンだけど…。前フリのようにも思える。。。


撃沈の巨人…すげぇ。何人でやったことなのか分からないけど、空中で全部倒しているってことか…。気色悪い。新八さんが、カッコ良いなぁ。


なるほど…進撃する前に、倒していた訳か…。じゃあ、落ちてた人らは、落下してただけか…??星と、娘をもらう、やる覚悟が…いい…。


おお。二つの意味で落ちましたな…。あり?このシリーズは、終了かな??思ったより、短かった??


そっちのお父さん来ちゃったか…。神職の方…。巨人達の風習も一件落着して
良かったのかも。滅ぶかも知れないけど。。。もっと、親愛を大事にしたいところ。