気になったところ。
コマ間の縦幅?

画力は高いけど、見せ方?

静と動。躍動感。

読みやすさの問題。

デザインの要素の多さ。

バランス。

展開のダイエット。


良かったところ。

思い切った表現!

歪み。

残酷さ。

ラスト…。


以下、一言感想。

作者紹介ページが面白いです。色々と予感させる始まりですね。要素が多い???

素晴らしい見開き。引き込ますね。

一発で分かる悪人面…。

私も好きな設定です。画面の中の意識の向け方がちょっと惜しい気がしますけど、逆にノイジィで良い感じとも???

ガジェットが良い感じですね。

良いフェイントですね。化学反応?無理があるような?

空間の使い方が上手ですね。

む?新聞にキーワードが?ジョセフジョースター登場かと思った。テキーラを二瓶持って…。

ほう。新人さんの読切でここまで…。

む?性別が???そうか、ガジェットとシーンとで、ちょっとベルセルクっぽいのか…。

えーと、「greed」かな?

彼の心の中の何が崩れたのだろうか?

すごい見開き。4ページ前の予想は外れた…。

さらっと描いてしまうのが素晴らしい。

案外、AOKO先生は女性なんじゃないか?と思ったけど、そうでもないかも知れない。えぐい。

純粋に、仕上げ、集中線、背景の部分が大きいかな。惜しい見開き。

迫力があるけど、ちょっと惜しい感じが…。

む?もしかして、主人公も…。

「wrath」かな?何が起こった???

…何が逆鱗なのかな???

ふーむ。基礎知識があれば理解が膨らむのかな???

面白いけど…なかなか理解が追いつかない…。

ほほぅ。よく考えれば、デザインに伏線があったかも?

…ソンナバカナ(´・ω・`)。

かなり思い切った表現がされているな…と思いました。作者紹介ページの小野寺氏(担当編集)の紹介のコメントが部分的にドン当てはまりしていて、それ描くのに、このストーリーを作るのぉ?と思いました。何を持って新人さんと呼ぶのか分かりませんが、萌えとか、エロはあっても、インモラルな感じは、なかったなーと思いました。好きな『マンガ』からの影響はうかがえます。

 後は、感情等々の「歪み」とか、「残酷さ」が良かったです。なんというか、まさに「虫けらの様に…」という感じのシーンは、ちょっと身が震えました。そこのコマを小さくするのは、すごいなーという感じです。107ページ。下段。
SEVEN-セブン-(AOKO-アオコ-)はエロと展開が衝撃的!ジャンプネクスト!(NEXT)2012SUMMER感想4[ネタバレ注意!]